他人のポジションの動向よりもチャートを最優先してFX

他人のポジションの動向よりもチャートを最優先してFX

他人のポジションの動向よりもチャートを最優先してFX

 

私は株取引をきっかけに相場の世界に足を踏み入れたので、誰が買っているかとかどちらが優勢なのかということを第一に考えてからポジションの方向と枚数を決めていましたが、FXではそこまでこだわらなくてもいいように思えてきたから今はなるべくそれらの情報に頼らず取引しています。もともと為替ニュースなどでも他のことに比べたら軽視されがちな情報なので私はネット上で見れるシカゴの先物オプションデータと海外大手FX業者の売買情報を重点的にチェックしていたけれど、見なくなってからも成績的にはなんの影響もなく取引できているように思います。

 

気にしていた情報源を見なくなったことで最初のうちは売買を行うたびに根拠が薄くなり不安に感じることもあったものの、その時間をチャートの分析に充てられるようになったから今までより深く値動きの理由を掴めることができましたし、他人の動向に振り回されず自分で考える力が養われてきた気さえするのです。為替は巨大なマーケットだから仕手のような特定の人々に動かされることは稀だということもわかってきて、FXをするならまずはチャートをチェックしないといけないという思いが一層強くなってきたので、得る情報を絞り込むことで状況が把握しやすくなりました。

 

手口と言われるものは結局のところ一般に知られるような段階まできたら取引するときの根拠として役に立たないのかもしれないですし、あまり過信しすぎるのは良くなく一般投資家ならレートの上下を一番に見ることが良いように感じています。