倒産リスクを見極める為の自己資本規制比率とその注意点

倒産リスクを見極める為の自己資本規制比率とその注意点

倒産リスクを見極める為の自己資本規制比率とその注意点

 

FXでの売買を行うならば、会社はよく選んだ方が良い一面があります。特に長期的な売買を考えている方の場合、倒産リスクなどは大切です。長期的な売買を行うとなると、少なくとも決済を行うまでの期間が短くなりがちです。そして建玉を持っている時に会社が倒産をしてしまいますと、もちろん大変な事になってしまう訳ですね。ですので倒産リスクが低い所を選ぶのは、やはり大切でしょう。

 

ではどうすればリスクが低い所を選べるかと申しますと、1つの基準として自己資本規制比率があります。たいていの金融会社は、それをホームページで明示しているのです。基本的にその数字が高い方が、リスクは低めになります。比率が100%前後の会社に比べれば、200や300%が会社の方が倒産する可能性は低いのですね。ですので長期的な売買を考えているならば、その比率のパーセンテージが低い会社を選ぶのが良いでしょう。

 

ただし注意するべき点もあって、過信し過ぎも禁物です。というのも数ヶ月ほど前に、その数字がかなり高い会社が倒産しているからです。今から数ヶ月ほど前に、ヨーロッパ圏のある外貨が急上昇しました。その影響で、ある金融会社が倒産してしまったのですね。私はその金融会社の比率を見て、驚きました。比率が200%を超えていたのです。つまり200を超えている会社でも、倒産の危機に直面する事はあるのですね。基本的にその数字が高い会社の方が倒産リスクは低めですが、あまり過信しないようにするのも大切だと考えます。