FX業者のココだけの秘密日記

会社の有給休暇消化中にFXを勉強して極めていきたい。

こんにちは、私はバリバリ働く日本のサラリーマン戦士です。しかし、この度自分の都合もありまして、会社を辞めることになりました。会社を辞めるにあたって今後のプランを立ててみました。まず、それについて書いていこうと思います。まず、退職届を出します。次に、有給休暇を消化させます。大体2か月ぐらいはあると想うので、仕事の引き継ぎを考慮に入れて、会社と相談しなくてはなりません。近いうちにする予定です。

 

さて次に、仕事を引き継いだら、後は有給消化です。有給消化中は家に引きこもりインターネット副業をして稼いだり、新たなる収入源を探すなどして過ごします。外出は極力避けます。この時期に旅行など行ってしまうと無駄にお金を使うことになってしまいます。旅行などは会社の手続きが終わって、収入源を確保してからゆっくり長期で行けばよいのです。ということで、有給消化中にネットで勉強したことを、これからの収入源にします。私が今回見つけたのはFXです。FXって何かというと、外国為替証拠金取引の事を指します。外国為替なら、銀行で外貨預金すれば良いではないかと思われるかも知れませんが、FXには外貨預金にない魅力があります。

 

それは平日なら24時間取引が可能なところです。24時間ってコンビニ並みに凄いです。銀行がしまっている夜や夜中まで取引できてしまうのです。私はフリーターになったら時間を有効に使いたいと思っているので、無駄な時間を省けて都合がよいです。まだあります。FXなら、銀行より手数料がかかりません。スプレッドと呼ばれるマージン的なものが少しだけかかりますが、ほとんどの大手のFX取扱業者は手数料無料です。→http://xn--zckuas8czfs622boq6b.jp/

 

さらにFXなら、リスク管理ツールがたくさんあります。例えば為替レートが自分の思っている反対方向に動いた時、証拠金の危険信号をメールで教えてくれる機能があったりします。こうして、見るとFXは外貨預金とは一目瞭然で有利なことが判ります。次はもっと勉強して勝てるようになりたいです。

 

 

取引金額を増やして一攫千金を期待できる投資方法です

 

FXでレバレッジをかけずにスワップポイント(金利)狙いで投資を行うFXはハイリスクハイリターンでの投資を実現することができます。はじめは少額取引を行うことができ、慣れてくればいつでもどんな時でもアプリを使用して投資を行うことができます。取引金額を増やして一攫千金を期待できる投資方法ですので皆様におすすめすることができる投資になります。
投資の際にはしっかり魅力的なシステムを利用することができます。ワンツーで投資を行うことが出来ますので、素早く儲けて他の通貨に乗り換えて投資を行うこともできます。投資の際にはしっかりとした利用方法を約束してくれます。仮に投資を行う際にもしっかり自分の投資金額をコントロールすることができますので、必ず満足いく投資を行うことができます。

 

ハイレバレッジの取引で継続して勝てている人はしっかり研究している方です。ハイレバレッジのギャンブル的な投資は損をする可能性もありますので、気分で投資を行うことは危険です。 そこで、おすすめしたいのが、レバレッジを利用したFXの投資方法です。業界ではかなりの注目度を持っているレバレッジの投資には多くの方が満足に投資を行うことができるので、しっかりと利用を行うことができるようになります。

 

FXは外貨預金よりもかなり手数料を安く金利収入をゲットすることが出来ます。レバレッジをかけずに投資するというのはFXの口座に100万円預けレバレッジを利用することができます。100万円分の単位を保有して、自分らしく投資を行うことをおすすめします。日々スワップ収入を得ることもできますので、十分に利用者が投資を行うことができるようになります。
高金利でのスワップを得ることが出来るのが以下です。豪ドル:3%、NZドル:3.5%、南アフリカランド:5%、このように状況によって割引を行うことが出来ますので、どんな時もしっかり手続きを行うことができます。できるだけ自分で設けることができる通貨を事前に研究、選択しましょう。

 

 

勝ちが続いたときは冷静になることもFXでは重要

 

手法通りにFXをしていたら今までの失敗の半分はなかったことになっていたと言っても過言ではないくらいチャート分析中に気持ちが先行して見切り発車のエントリーが多く、それが私の弱点だということは前々から自分自身で気がついていますがなかなか直りません。
特にそのパターンに陥ってしまうのは直前までの取引が好調なときが圧倒的で、調子のよい今が稼ぎ時だから少しでも早く有利な価格でエントリーして利益を増やそうという気分になり、手法の条件を完全に満たしていないままでも既に取引に勝った気持ちになってしまうのです。

 

そうすると手法のいくつかは合っていても重要なところを見落としたりしていますし、最大の失敗はこうした油断が招くものと取引中でさえ頭ではうっすらとわかっているのにこうした見切り発車がやめられないから、最近はこの点を意識して改善しようと努力しています。
ただ、手法は今のところ問題はないので私がFXで失敗を防ぐために考えたのは取引に手を加えるのではなく、取引するときのメンタルを大きく変えてしっかりと手法に沿った行動を身につけようというやり方です。

 

今やっているのは連勝が続いた後は気持ちが大きくなる前に一旦取引の手を休めて落ち着く時間を取り、再開したときに冷静な判断でチャートを見れるように浮かれた気持ちを静めることです。
そうするとFXに熱くなっていた感情がリセットされて手法をしっかりと守れるようになるから不思議と成績も回復してきたので、今後は意識しなくてもこのメンタルを維持できるように取引できたらいいなと思っています。

私は株取引をきっかけに相場の世界に足を踏み入れたので、誰が買っているかとかどちらが優勢なのかということを第一に考えてからポジションの方向と枚数を決めていましたが、FXではそこまでこだわらなくてもいいように思えてきたから今はなるべくそれらの情報に頼らず取引しています。
もともと為替ニュースなどでも他のことに比べたら軽視されがちな情報なので私はネット上で見れるシカゴの先物オプションデータと海外大手FX業者の売買情報を重点的にチェックしていたけれど、見なくなってからも成績的にはなんの影響もなく取引できているように思います。

 

気にしていた情報源を見なくなったことで最初のうちは売買を行うたびに根拠が薄くなり不安に感じることもあったものの、その時間をチャートの分析に充てられるようになったから今までより深く値動きの理由を掴めることができましたし、他人の動向に振り回されず自分で考える力が養われてきた気さえするのです。
為替は巨大なマーケットだから仕手のような特定の人々に動かされることは稀だということもわかってきて、FXをするならまずはチャートをチェックしないといけないという思いが一層強くなってきたので、得る情報を絞り込むことで状況が把握しやすくなりました。

 

手口と言われるものは結局のところ一般に知られるような段階まできたら取引するときの根拠として役に立たないのかもしれないですし、あまり過信しすぎるのは良くなく一般投資家ならレートの上下を一番に見ることが良いように感じています。

続きを読む≫ 2015/06/01 06:48:01

私がFXという商品で売買を行うようになったのは、今から数年ほど前でした。そして、とてもタイミングが良かったですね。
どういう事かと申しますと、私の場合はスワップ金利を目的にその商品で売買を行おうと思ったのですね。当時はスワップ金利が全盛の時代で、ほとんどの会社は金利の高さを大きくアピールしていました。それで私もそれに興味を持って、ある高金利な外貨で売買をするようになったのですね。
ところが数ヶ月ほど経過すると、大変な事態が発生しました。金融ショックが発生したのです。私はまさかあそこまで大きな下落が発生すると思っていなかったので、かなり衝撃的でしたね。もちろんその時に私は外貨を保有していました。それで大きな損失が発生してしまったのですね。
それで私は、友達から助言してもらいました。結局のところ、早い段階で損切りをする方が良いと聞いたのです。そのアドバイス通りにして、どうにかロスカットを防止する事ができました。
お陰さまで、私は損切りの重要性を身に染みて覚えました。そして、ちょっと幸運だったと思います。
思うにその商品で売買をする為には、やはりリスクを知っておく事は必要だと思うのですね。ただそのリスクは、いざ自分の身にふりかからないとピンと来ないものです。
幸いな事に私は早い段階でこの商品の怖さを知る事ができたので、損切りを覚える事もできました。ですのであのショックは、私に対してとても大事な事を教えてくれたように思えてなりません。

続きを読む≫ 2015/06/01 06:48:01

FXでの売買を行うならば、会社はよく選んだ方が良い一面があります。特に長期的な売買を考えている方の場合、倒産リスクなどは大切です。
長期的な売買を行うとなると、少なくとも決済を行うまでの期間が短くなりがちです。そして建玉を持っている時に会社が倒産をしてしまいますと、もちろん大変な事になってしまう訳ですね。ですので倒産リスクが低い所を選ぶのは、やはり大切でしょう。
ではどうすればリスクが低い所を選べるかと申しますと、1つの基準として自己資本規制比率があります。たいていの金融会社は、それをホームページで明示しているのです。
基本的にその数字が高い方が、リスクは低めになります。比率が100%前後の会社に比べれば、200や300%が会社の方が倒産する可能性は低いのですね。ですので長期的な売買を考えているならば、その比率のパーセンテージが低い会社を選ぶのが良いでしょう。
ただし注意するべき点もあって、過信し過ぎも禁物です。というのも数ヶ月ほど前に、その数字がかなり高い会社が倒産しているからです。
今から数ヶ月ほど前に、ヨーロッパ圏のある外貨が急上昇しました。その影響で、ある金融会社が倒産してしまったのですね。
私はその金融会社の比率を見て、驚きました。比率が200%を超えていたのです。
つまり200を超えている会社でも、倒産の危機に直面する事はあるのですね。基本的にその数字が高い会社の方が倒産リスクは低めですが、あまり過信しないようにするのも大切だと考えます。

続きを読む≫ 2015/06/01 06:47:01

昨今のFXの会社は、自動的なシステムを提供している傾向があります。そして、そのシステムはメリットはとても大きいです。
自動的なシステムの場合は、パソコンに張り付かずに済むメリットがあります。手動の売買の場合は、どうしてもパソコンなどで売買の為のシステムを操作する必要があるのです。スマホも同様ですね。
ところが人々の中には、ちょっと忙しい方もいらっしゃいます。特に会社員の方々などは、昼間の時間帯はお仕事をしているのです。ですので、売買の為にパソコンの前に貼り付けのは困難ですね。
ところが自動的なシステムの場合は、電源をオフにしていても売買をする事ができます。それを考慮すれば、自動的なシステムはメリットが大きいと言えるでしょう。忙しい方でも売買できるからです。
ただ気をつけた方が良い点もあって、そのシステムでは必ず利益が発生するとは限りません。そもそも投資には、リスクがあるからです。
そのため、自動的なシステムの売買ルールを選ぶのも大切になります。様々な金融会社は、いわゆるシステムトレードの為のルールを用意している事が多いですね。その中からパフォーマンスが良い物を選ぶのが、非常に大切になります。
ただ問題は、そのルールは未来にも適用されるとは限らない点です。たまたま過去の成績が良くても、それが未来に通用するとは限りません。過去は過去のものであって、未来はまた別の話です。ですのでFXの自動システムを利用するにしても、やはり損失の可能性を忘れないようにしておく事は大切でしょう。

続きを読む≫ 2015/06/01 06:47:01