電車の中ではFXでの取り引きが行われる事が多い

電車の中ではFXでの取り引きが行われる事が多い

電車の中ではFXでの取り引きが行われる事が多い

 

私たちが電車で移動をしていますと、スマホを操作している方々をよく見かけます。理由は、やはり時間つぶしでしょう。電車の中で移動している間は、何もする事がありません。その時間を浪費するのは勿体ないので、スマホで何らかの操作をするのが一般的ですね。そして電車で移動している方々の中で多いのは、サラリーマンです。特に東京地域の電車などは、その傾向が顕著ですね。あの地域を走っている電車の中の人々を見てみると、スーツ姿の方々を本当によく目撃します。

 

ところでスーツ姿の方々は、FXの口座保有者が多いのですね。この金融商品の口座保有者の約7割くらいは、サラリーマンとの説が有力です。いわゆる副業を目的として、その商品の口座を保有する方々は大変多く見られるのですね。またその投資商品は、スマホで売買をすることも可能なのです。モバイル媒体で売買ができるのは、本当に便利ですね。

 

という事は、電車の中にを行ってその商品による売買をする方々は、相当多いと考えます。色々な条件が揃っているからです。前述のスーツ姿の方々がその商品で売買をする訳ですし、電車内のほとんどの方々はスマホで操作をする以上は、やはり電車の中の多数の方はそれで売買をするケースが非常に多いと思うのですね。電車の中で目撃する方々の約1割ぐらいは、その商品による取引中なのかもしれません。

 

そして、今後はその傾向が加速するとも思うのです。すでに現在ではだいぶ口座保有者が増加しましたが、金融会社としては販促活動を強化中の状況なのですね。という事は、さらに口座保有者が増加すると考えられるので、電車内で売買をする方も増加するのではないでしょうか。それを考えると、最近の電車の中の状況も、昔に比べれば変わったと思いますね。最近の電車は、FXと大きな関係がある訳です。ただ電車内で売買をする場合は、ちょっと周囲には注意する方が良いでしょう。売買をするための画面には、個人情報を表示されます。誰かに覗き見されないよう、くれぐれも気をつけるべきでしょう。