自分が保有するポジションのレバレッジが高くならないよう調整する

自分が保有するポジションのレバレッジが高くならないよう調整する

自分が保有するポジションのレバレッジが高くならないよう調整する

 

FXを始める際に大切なのは、資金をいくらFX口座に入金しておくかということです。FX口座は、FXをするための資金を入れておく専用口座で、普通預金口座ではなく開設する必要があります。しかし、FX口座にいざ入金しておこうとなると、いくらくらい入れていいものかとても悩むものです。なぜなら、FX口座に入金してある資金は、FXでロスカットにたなると全額なくなってしまうので、できればあまり入れておきたくないという気持ちががだれだってあるだろうにと思います。

 

しかし、ですがかといってFX口座に証拠金をギリギリでいれておけばおくほどかえってロスカットにあう危険性が高まります。ロスカットになるマージンコールがなるくらいの資金でも危ないかもしれません。ということを資料とした場合に、FX口座にはいくらいれておけばいいのでしょうか。それを探るためには、FXで自分がどんなトレードをするかを見極めることが必要です。まずロスカットに遭いやすいタイプのトレードとは、長期トレードで高レバレッジ、短期トレードで高レバレッジ、長期トレードで低レバレッジ、短期トレードで低レバレッジの時順番にリスクが低くなると思われます。

 

短期トレードより、長い間相場につけておくほうが一般的にリスクは高くなると思われます。そのため、高レバレッジでも長期トレードのほうがリスクが高いといえるでしょう。なので、ロスカットに極力ならないFXを心掛けるのなら、とにかく高レバレッジはだめだというつもりでやらないといけません。そのため、FX口座にはつねに建玉がレバレッジでは五、六倍程度以下に抑えておく必要があるんじゃないかと思います。

 

長期トレードでも、五、六倍ではリスクは中レベルくらいですが、どうしてもというならここまでが目安にはなるかもしれません。そのためFX口座には自分が保有しているすべてのポジションが、レバレッジを五、六倍程度になるように調整するのがベストです。新規エントリーをしたのなら、それにあわせてFX口座内の資金も追加しておいたほうが安心です。